就職難を乗り切るために

就活@大学生

大学生の就職活動は、規模が大きく、就職活動を代表する存在である。大学生の就職活動スタイルには、高専生、短大生、大学院生、専門学校生、各種学校生の就職活動スタイルも含まれる。
就職協定の廃止で、一人の学生が好きなだけ企業を受けることが可能になり、メガバンクや大手メーカー、総合商社、航空会社など大手企業への採用希望者は採用枠の数百倍に及び、就職活動は大変な競争になっている。
多くの企業では一次試験でSPIなど中学・高校レベルの基礎的な学力検査を課し、二次試験以降で面接を行うのが一般的である。面接は複数回行われ、最終面接では役員が出席することも多い。近年は、従来の選考方法に加え、適性診断やグループディスカッション、グループワークなどなど独自の方式で学生の可否を見極めようとする企業も増えている。
かつては大手・中小企業問わず、企業への応募の際に出身大学指定の履歴書(稀に市販の履歴書)を提出していたが、最近では大手企業を中心に独自のエントリーシートを使用する企業が増えている。エントリーシートには、住所・氏名、志望動機などの基本情報のほか、小論文や質問、中には絵を描かせるものもある。一部の企業では、エントリーシートの出来自体を書類審査として一次試験に課すこともある。しかしながら、中小企業では現在でも履歴書の提出を求める企業が多い。
比較的多くの学生が、iPhoneでFXを目指し3年次の秋や初冬には就職セミナーを受けるなどして、就職活動の準備に入る。FXは11月になると経団連に属さない企業が面接などの採用試験を開始する。2、3月には経団連の紳士協定に沿う多くの大手企業も会社説明会を開始し、4月1日から一斉に採用試験が開始される。ゴールデンウィーク前後には、最初の内定者がほぼ出揃う。5月以降は地方、中小企業や、大手企業の二次募集が行われる。9月には留学生向けや公務員試験不合格組や内定辞退者の補充を目的とした採用が行われ、10月1日に多くの企業で内定式が行われ、学生の就職活動はほぼ終わる。
外部リンク:http://www.iphone-fx.jp/

就活@高校生

 高校生は、現在も大学生と並び新規就業者の主力を占める。就職を希望する高校生は9月16日の就職選考解禁日から、一斉に会社を訪問して入社試験を受け、筆記、面接など数週間の選考の後に内定を得る。しかしながら、担当の先生に説教されたから就職活動している生徒も少なからずいる模様で、卒業までに就職が内定しなくてもパートやアルバイトで仕事をすればいいと思いながら就職活動している生徒も多いという。なお、後述の大学生の就職活動と異なり、中学生や高校生の新卒求人については、職業安定法に基づき、すべて公共職業安定所(ハローワーク)を通して学校に掲示することが義務付けられている(中学生や高校生は未成年で法的な責任能力がないうえ、無秩序な就職活動で学業が混乱するのを抑制する観点からの規定)。したがって、実際の応募については学校を経由して企業とコンタクトを取ることになる。また、就職試験を受けるためには学校での書類選考を受けなければならず、しかも抽選で受験者を決定する。不採用になったら再び別な企業に挑戦、学校での書類選考を受けることになる。かつては後述する「一人一社制」が鉄則だったため、選考結果が出るまでは他の企業を受けられなかった。その影響から、就業意欲があってもなかなか内定を取れない生徒も多かったという。

以前は就職率が5割を越え、商業や工業などの職業(専門)学科の卒業生はその学歴を生かせる現業職として、商業高校卒なら事務職、営業職などの事務専門職、工業高校卒なら工場などの技能職といったように、3つある職業学科で学んだ内容を反映した現業職の正社員に就くのが普通だった。ただ、勤務地が遠いとか休日が少ない(週休2日制でない)等の理由で就職が内定しない生徒も多い。また、担当の先生の推薦等で就職が内定しても、仕事内容や残業時間等で1ヶ月〜半年ぐらいで退職する人も多い。中には会社に出勤しても仕事内容を理解出来なかったり、体力がないため重い物が持てなかったり、勤務時間中に何回もトイレへ行き、長時間トイレに入って時間稼ぎをしながら給料をもらおうとして解雇になった卒業生もいるという。また、学校の推薦等で就職を内定して、何らかの理由で解雇にする場合は、電話や手紙で卒業先の担当の先生(学校)の方にも、相談する会社があるらしい。

そして、バブル崩壊後、企業の採用抑制で、それまで総合職として就職していた大学生が現業職に就職するようになったり、現業職自体が採用抑制された結果、全体の内定率が就職希望者の半分という県も出るなど、高卒者の就職は著しく厳しいものになった(2004年11月末時点の高校卒業予定者の全国平均内定率は67.7%)。また、職業(専門)学科ですら、以前ならば中卒者が担当していた単純労働職に就く者も多くなり、就職先で学校で学んだことが生かせない単純作業などが多いことから離職しやすい傾向にある。

こうしたことから各都道府県は、長年の慣行としていた学校が抽選で受験企業を一社に絞って受けさせる「一人一社制」を改め、複数受験が可能になった。企業も多くの生徒から選ぶことができるし、生徒も曲がりなりにも自分の意志で就職先を決められる利点があるが、企業の採用数自体が少ないこともあり、必ずしも採用増にはつながっていない。

ただし、期間限定ながら「一人一社制」を継続する地域もあるし、地域内の企業が同一日に一斉に入社試験を実施するところもある。そのため、進路指導において生徒の希望を把握する場合、業種より「どの企業に就職したいか」という形で生徒に希望を出させる高校も見られるようになった。しかし、昨今の大不況の影響で採用を削減、中止にする企業も多いため、希望を出させることも無意味になりつつある。
〜wikiより〜

大人になったら投資を覚える

 就職先が見事に決まり、社会人になったら仕事を一生懸命頑張るのはもちろんのこと、併せて勉強したいのが投資。
 投資は老後の生活レベルをも左右するといってもいいほど、ゆとりある生活を送っている現役を退いた方々は株式投資や投資信託などの投資をされています。
 これは定年後に始めたのではなく、多くが若い頃からコツコツと資産を運用した結果が実を結んでいる例が多く、『給料が安いからムリ』などと言い訳を作らず、ぜひ、20代から投資の勉強を始めてもらいたいと思います。
 もちろん、投資といっても100万円からの資金を用意しろなんて言いません。10〜20万円くらいから買える株式銘柄もありますし、毎月コツコツ投資信託へお金を費やす方法もあります。
 もちろん元本割れや予想と反対方向へ相場が動き、損失を出すこともあるでしょう。
 しかし、株で儲けた人の多くは失敗を経験しており、失敗から成功への道を探っているのです。
 ぜひ、実りある人生を送るためにも経済状況の許す範囲内で、投資を勉強することをお勧めします。

外部リンク:http://www.netsec.jp/